留学生活情報

日本の住居事情

東京都内で部屋を借りようと思ったらワンルームのアパート・マンションで家賃6万円以上になります。8万円くらいの部屋を友人数人でシェアする学生が多いようです。 アパートを借りる場合、契約時には礼金が家賃の2か月分、敷金が家賃の2か月分必要なことが多いので、最初は家賃の5~6か月分を用意しておく必要があります。

学校所有の学生寮は王子(男子)・志茂(女子)・大宮(男女)にあり寮監寮母が常駐しています。ホールには無線LANが完備。価格もリーズナブルで安心して日本での生活が送れます。

通学事情

日本での主な通勤通学手段は電車利用です。時間も正確です。
通学時間は30分程度が一般的です。本校では割安な通学定期の購入ができます。
通学定期券は1か月・3か月・6か月があり、区間は学生証に記載されている住所の最寄り駅から田端駅までとなります。(通学定期券はJRの指定学校において連続して12か月以上修業し、年間700時間以上学習する者が購入できます。)

食事事情

自炊すれば月3~5万円。
外食すれば一食に付き700円程度はかかります。

アルバイト事情

資格外活動許可書(入国管理局でもらいます)があれば、一週間に28時間までアルバイトをすることができます。 時給は800円~1000円程度が一般的。 入国後3か月間は日本語能力の上達に専念してもらうために学校としてはアルバイトを禁止しています。 また、学業との両立ができない学生にはアルバイトを控えるよう指導しています。

病気・けがなど

体調が優れなかったら、すぐ受付に相談しましょう。薬も常備してあります。
「国民健康保険」は留学生全員が加入します。そのため病院での診療は自己負担が3割です。
事故などでけがをした場合、させた場合は「留学生保険」 (入学時に全員加入)が適用されるので安心してください。

学校医、傷害保険

常駐はしていませんが契約している学校医がおり、体調不良や緊急を要する場合は連携して対応します。
また「留学」の在留資格者については学校負担で傷害保険に加入しております。(不慮の事故や入院等の際、最低限の保障と他人への賠償保障があり、安心して日本での生活が過ごせます。)